このガジェットでエラーが発生しました

2010年7月31日土曜日

真夏の花嫁

海老蔵と小林麻央の結婚式で


真夏の花嫁さんだしなあ どんな花嫁衣裳なのかなと

商売柄とても気になって

テレビ中継をみていたら・・・

なんとなくぱりっとしていたので 麻?

麻央だけに・・・?

麻の白無垢とか打ちかけとかは 聞いたことないしなあと思っていたら

ネットで調べたら


挙式での麻央は白無垢「立涌唐草浮織牡丹顕紋紗」

披露宴は色打掛け「白麻水衣地大牡丹図色打掛け」



とのこと・・・


白無垢は紗だったのねえ~そういえば つのかくしも透けていた

色打ちかけは 麻!あたり~

なんでも能装束の水衣を参考にしたとか だから 麻なのね・・・


最近は 単衣や薄物の季節でも 貸衣装でも 袷の着物ですましてしまうけれど さすが 成田屋さんですね~



なんでも お仲人の松竹社長のところには

黒の絽の留袖でお願いしますとお達しがあったとか

夏の留袖は 絽でかさね仕立てにするのですが 珍しくなってはいるけれど 毎年一枚くらいは仕立てにきます

で、 あたしも 一枚もっているんだけど~まだ一度も着る機会がないです~

娘か息子が真夏に結婚式したら・・・着れるかな~


って まだまだ ずっとさきで そのうち 派手になっちゃうってね^^;



で。。。なぜだか でてきた 誰かさんのお写真~爆


2 件のコメント:

  1. 麻の打ち掛けだったなんて 驚き桃の木牡丹の木~ て^^;
    牡丹の花がなんとなくかすれて見えたのは麻のせいだったんですねぇ・・・

    さすが梨園の和装は本物ですね!
    それを見抜くsomeさんの目もさすがです!

    で この初々しい可憐な花嫁さんは。。。。もしかして?!
    この花嫁さんのお衣装も本物中の本物だったのでしょうね~

    着付けされてるお婆ちゃんも気になる存在^^

    返信削除
  2. こんばんは~

    私も 薄物の白無垢は初めてみました!あるんですねえ~

    でね・・・これあたしです 23年前だったかなあ
    いわゆるジューンブライド・・・

    季節なら 単衣の白無垢ってところなんですが

    当時は妹もまだ嫁入り前で そのうち行くだろうからと

    袷の白無垢でした。

    柄は「たてわくに菊」の柄です 私が好きな柄を選びました~

    当時 住み込みのお弟子が10人ほどいましたので
    みんなで縫ってくれました~

    着付けしてくれているおばあちゃんは・・・
    名前は忘れてしまったなあ~ 
    ホテルニューグランド専属の美容師さんで
    野毛に美容室があって 打ち合わせはその美容院でやりました。
    この道何十年の方でした・・・とっても上品な素敵なおばあちゃんでしたよ~

    って 記事が書けそうですね^^

    返信削除